風俗で働く前に読んで欲しい体験記

 >  > いつの日にか邪魔者扱いされる惧れが…

いつの日にか邪魔者扱いされる惧れが…

少なからず、焦りのような感情があります。求人広告を見るたびに、そんな大ゲサな求人を出すだけの経済的な余裕があるんだな、と思う反面、新しい若い子が入ってくることについての恐怖心のようなものがあるんですね。これだけの高収入を独り占めしたいとは思っていないんですよ。みんなが幸せになってほしいとは思っています。ただ、若い子が来ることは、どうか、と。私もキャリアを重ねることによる、テクニックの向上があります。セックスの実力は挙がっていることでしょう。でも、確実に年齢を重ねていくものなんですね。今はまだ若いと思っていられますけど、間もなく「アラサー」になります。地球の公転に逆らうことはできません。つまり、いつかは私も邪魔者扱いされてしまうことが考えられるんですね。「今すぐ」ではないにしても、いつの日には、「要らない」といわれてしまうことが、あるのかと思います。被雇用者なんていうのは、いってみれば「使い捨て」。そうわかっているからこそ、今のうちに高収入をできる限り、得ておきたいと考えています。

[ 2016-02-25 ]

カテゴリ: ソープ求人体験談